イソフラボン研究所

更年期障害で悩む女性には大豆イソフラボンがオススメなのはどうして?

一般的に40代~50代の女性が悩まされるのが更年期障害です。
この記事では、大豆イソフラボンが更年期障害に有益であることを解説していきます。

名前はよく聞くけど…。更年期障害って一体どんなもの?

更年期障害とは女性ホルモンが大きく影響しています。
個人差もありますが、日本人女性の閉経は50歳前後と言われています。
このため、一般的には45歳~55歳が「更年期」と言われています。

30代半ばをピークに女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少していきます。
このエストロゲンの量が40代に差し掛かると急激に減少してしまいます。
この突然の変化に体がついていけず起こるのが「更年期障害」と言われる不調です。

症状は個人差が大きく、頭痛や肩こり、倦怠感、ほてり、のぼせ、発汗、腰痛が多くみられます。
感情のコントロールができなくなり、落ち込みや不安、イライラといった精神的な影響もでます。

女性ホルモン「エストロゲン」が大きな役割を果たしていた!

卵巣からは、女性ホルモンであるエストロゲンが分泌されています。

エストロゲンをコントロールしているのが脳の視床下部にある下垂体です。
下垂体から、エストロゲンを出すように指令が出ます。
若いうちは脳からの指令に従って卵巣から十分なエストロゲンが分泌されます。
しかし、更年期になると脳から指令が出ても卵巣がエストロゲンを十分に出せなくなってしまいます。
脳が混乱してしまい、自律神経が乱れる原因にもなります。

エストロゲンの分泌低下が、更年期障害を引き起こしているのですね。
更年期障害を防ぐためには、エストロゲンの分泌がカギとなっています。

大豆イソフラボンがエストロゲンの役割を担う

大豆製品に多く含まれている大豆イソフラボンがエストロゲンと似た化学構造をしています。
そのため、不足したエストロゲンに代わってその受容体と反応し、補足的に働きます。
エストロゲンの不足を大豆イソフラボンで補うことができるのです。
そのため、大豆イソフラボンを積極的に摂取することは更年期障害に効果的なのです。

実際に、ホットフラッシュと呼ばれる更年期障害の影響でのほてりやのぼせの症状が、大豆イソフラボンを摂取している人は少ないという報告もあります。

大豆イソフラボンで、更年期障害も怖くない

更年期障害とは40代から見られる不調であり、発汗やイライラなど様々な症状があります。
原因は女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減ってしまうことです。
そのため、エストロゲンと似たような働きをする大豆イソフラボンが更年期障害に役立ちます。

大豆イソフラボンを意識的に摂取することによって、更年期障害を予防しましょう。

ページのトップへ戻る