イソフラボン研究所

体毛が濃くて悩んでいる女性は大豆イソフラボンを摂るべし!

大豆イソフラボンには、体毛を抑制する効果があると言われています。
今回は、大豆イソフラボンを摂取するとどのようにして体毛に働くかについて解説していきます。

体毛が濃くなるのは男性ホルモンが優位になるせい!?


生活の乱れによって男性ホルモンが優位になってしまうと体毛が濃くなる

体毛はホルモンの影響を強く受けます。
中でも、性毛と呼ばれる体毛は男性ホルモンの影響を受けて発毛が促進されます。
男女の区別がはっきりとしてくる第二次性徴期以降に発毛する体毛を総称して、性毛と呼んでいます。
例えば、両脇の毛や陰毛が当てはまります。

一般的に、女性よりも男性の方が体毛が太くて濃いです。
なぜなら、女性よりも男性の方が男性ホルモンの「テストステロン」の分泌量が多いためです。
テストステロンが、男性らしい体作りを助長します。
その影響で、性毛も濃く太くさせるのです。
もともと体毛が濃いという方は、体質的に男性ホルモンの分泌が活発である可能性が高いのです。

女性ホルモンの分泌を活発にして男性ホルモンを抑制させよう

反対に、女性ホルモンである「エストロゲン」には性毛を濃くする作用はありません。
むしろ、ホルモンバランスが整えられて女性ホルモンの分泌量が増加すると、体毛が薄くなると言われています。

そのため、女性ホルモンを活発にさせることで体毛の抑制を期待できます。

大豆イソフラボンで女性ホルモンを優位にして体毛抑制

大豆イソフラボンは、女性ホルモンの「エストロゲン」と似た構造をしています。
そのため、摂取すると体内でエストロゲンと似た働きをします。

男性ホルモンが優位になっている状態の場合、イソフラボンを摂取することで男性ホルモンの働きを抑えることができます。
女性ホルモンの働きが活発になることによって、体毛が薄くなるでしょう。

体毛が気になる方は、大豆イソフラボンでホルモンバランスを整えよう

男性ホルモンが優位になっているため、体毛が太く濃くなってしまいます。
大豆イソフラボンは、体内で女性ホルモンのような働きをするため、男性ホルモンの働きを抑制します。
そのため、大豆イソフラボンを摂取することで体毛も薄くなることが期待できます。

体毛が気になるという方は、大豆製品を積極的にとってみてはいかがでしょうか?

ページのトップへ戻る