イソフラボン研究所

イソフラボンがコレステロールを下げるなんて!仕組みから解説

大豆などに多く含まれているイソフラボンと、コレステロールの関係性を知っていますか?
なんと、イソフラボンにはコレステロール値を下げる効果があります。
なぜイソフラボンがコレステロール値を下げることができるのか、解説していきましょう。
コレステロール値が高いと言われている方にはオススメの内容です。

体内のコレステロールが増えるとどうなるのか?

そもそもコレステロールとは、人の体に欠かせないものです。体の細胞膜をつくる働きや胆汁の成分として消化を助ける働き、そしてホルモンの材料となる役割をしています。

各細胞にコレステロールを運ぶリポタンパクをLDLや悪玉と呼んでいます。逆に全身の細胞から余ったコレステロールを回収して肝臓へ運ぶ機能をするものをHDLや善玉と呼んでいます。

体内にコレステロールが増えてしまうと、傷がついた血管にコレステロールがたまってしまい、動脈硬化を引き起こし、脳出血や心筋梗塞などになってしまいます。

イソフラボンがコレステロールに与える影響は?

イソフラボンを含んだ大豆を摂取すると、コレステロールの全体値が下がり、LDL(悪玉)と中性脂肪の数値も改善するという研究結果が出ています。

コレステロールを食事でとると、十二指腸で胆汁酸とくっついて、吸収されやすい形になってから、小腸から肝臓へと運ばれていきます。

ここでイソフラボンが含まれている大豆たんぱく質を摂取していると、胆汁酸はコレステロールではなく大豆たんぱく質とくっつきます。

胆汁酸がコレステロールとくっつけなくなることで、コレステロールの吸収量が低下して、結果的に吸収されなかったコレステロールは体の外に排出されます。

また、胆汁酸を新たに作るために、血液中から肝臓へのコレステロールの取り込みも増えます。

そのため、血液に流れるLDL(悪玉)の量が減り、HDL(善玉)が増えるという仕組みになっています。

コレステロール値を下げることができるイソフラボン。一日の摂取量の目安は?

イソフラボンも摂取しすぎると生理不順や子宮内膜増殖症になるリスクが高くなります。
日本人の摂取量は、一日16~22mgになります。

イソフラボンがコレステロールを下げると言っても、摂取しすぎないようには気をつけましょう。

ページのトップへ戻る