イソフラボン研究所

大豆イソフラボンには高い抗酸化作用あり!若々しさを保つ秘訣

肌だけではなく体全体が老化して、あらゆる不調につながってしまうのが「酸化」です。
この記事では、大豆イソフラボンが酸化を予防する効果がある秘密について解説していきます。

細胞が老化するのは酸素のせい!酸化を予防することが大切

金属を放っておくと、酸素と化学反応が起きて錆びてしまいます。
ヒトの細胞も同じように、酸素と結合すると酸化してしまいます。

老化は活性酸素が主な原因です。
活性酸素が増えると、体のいろいろなところを錆びつかせてしまいます。
私たちの身体には、もともと活性酸素を除去する働きが備わっています。
しかし、ストレスや紫外線、喫煙などの外的要因や加齢によって、活性酸素を分解する抗酸化物質が減少してしまいます。

肌の酸化が進むと、活性酸素を除去しようとするメラニンが増えてシミが発生したり、肌荒れやくすみ、シワ、たるみを引き起こして老化につながります。
また体にも影響があり、がんや動脈硬化、生活習慣病の悪化にもつながります。

大豆イソフラボンは高い抗酸化作用を持っている

ポリフェノールの一種である大豆イソフラボンには、高い抗酸化力があることが報告されています。
大豆イソフラボンが活性酸素を無害な物質に変える作用を持っています。

肌の老化を防ぐことはもちろん、血管の老化も防いで動脈硬化などを予防します。
血管の老化を防ぐため、皮膚にも臓器にも血液が行き届き健康につながります。

大豆イソフラボンを積極的にとって体を若々しく保とう

肌の老化や体の老化は、活性酸素が原因です。
もともと体には活性酸素を除去する機能が備わってはいます。
しかし、ストレスや食生活の乱れ、加齢などが原因で活性酸素が増えすぎてしまうことがあります。

そこで、大豆イソフラボンを摂取することがオススメです。
大豆イソフラボンには活性酸素を除去する作用があります。
そのため、増えすぎた活性酸素の減少につながります。
肌の老化や体の不調を予防するためにも、大豆イソフラボンを摂りましょう。

ページのトップへ戻る